そらの農業日記

海と山の自然豊かな佐賀県唐津市で
無農薬、無化学肥料の野菜づくりをしています。
日々の気づき、畑の様子をつづります。
E-MAIL:info@sorano.jp.net
研修修了
ご報告が遅くなってしまいましたが
先日、3月17日をもちまして、1年間の農業研修が修了しました。

昨年の3月18日、嵐の中の研修スタート。見るもの、やること、知ること、全てが
新鮮で、体を動かす楽しさ、自然に触れ合える喜びをひしひしと感じて毎日を
過ごしました。

5月には草太郎君も生まれ、にぎやかになったさいのね畑。
そのあたりから、ひでのりさんと私の主に二人体制での農作業がはじまりました。
春から夏にかけ、野菜、草、虫もそれぞれが勢いを増してくる季節で
作業量も増えてくる時期でした。
夏の暑さが急に盛りを迎えたある日、私は作業中に日射病で倒れてしまい
さいのね畑に多くの迷惑をかけてしまいました。その時、独立して一人だったら
どうだっただろう?と考えました。無理をして体を壊せば、農業ができない期間は
お休みしなくてはならなくなり、野菜を待ってくれているお客様にも多く迷惑を
かけてしまうのは明白です。体調管理の大切さを身をもって、感じました。

まだ暑さの残る9月、研修も後半に入り、この頃から一人で任せていただける仕事も
段々増えてきました。そんな、9月の半ば、台風前日の大雨によりがけ崩れ
は起きました。めいめいに一時避難した後、被害状況、今後の展開を考慮して
「移転」の可能性もあるとひでのりさん、まいこさんから聞かされました。
衝撃的ではありましたが、私にとっては立ち上げを一緒に経験できることは
自分の就農にとって、大きなプラスに働くと感じましたので抵抗はありませんでした。

移転が完全に決まってからは、通常の畑作業+移転関係の作業(片づけ)で慌ただしくも
充実した日々。おたよりでも報告させていただきましたが、結婚をする運びになり
式の準備や佐賀での独立の準備など私事も相まってバタバタの年の瀬となりました。

2014年の年明けは、一宮での鶏小屋づくりからスタート。1月は茂木と城里の
片づけ、引っ越し、ハウス建てなどの作業。納屋での物の配置、ハウス建てなどは全面的に
任せていただくことも多く、独立した際のことをイメージしながら作業ができました。
2月には新しい研修生の優さんも来て、さいのねファミリーがさらににぎやかになりました。
独立の準備も、作付の計画、機械・道具の準備、種子の購入と・・・一通り完了しました。

そして、1年間の研修を終え、さいのね畑を卒業しました。

振り返ってみると、1年間、たくさんのことを学びました。野菜、病害虫、その他
植物や天気に関する農業知識、播種から収穫までの作業や資材の使い方などの農業技術
経営関連、果ては、人生を切り開く方法についても学んだと思います。
ひでのりさん、まいこさんの考え方、一言でいえば「俯瞰」と「気転」だと思っていますが
この一年、色々な場面で、大勢を見て、ピンチを切り抜けチャンスに変えるところを
間近で見せていただきました。

来月から、地元佐賀県唐津市で独立します。うまくいかないことも、まま出てくるかと
思いますが、ピンチをチャンスに!邁進、躍進していきたいと思っています!!
これからも応援、どうぞよろしくお願いいたします!

はな
追伸:ひでのりさんのお父さん、お母さんにいただいた花です。
故郷でひと花咲かせられるよう、頑張ります!
0
    | かも たかみち | 研修 | 23:03 | comments(3) | - | - |
    堆肥撒きマシン(マニアスプレッダー)
    有機栽培が慣行栽培(農薬、化学肥料をつかう栽培方法)に比べて
    大変なのは虫害対策、雑草対策が大きくあります。
    見落とされがちですが、実は、有機栽培では肥料を入れることに対しても
    慣行栽培より労力がかかるのです。

    化学肥料は、肥料の成分を合成したり、ある物質から肥料分を抽出して
    作られていて、成分が濃いものが多いです。一方、有機肥料は逆に肥料成分
    は薄いものが多いです。例えば、重要な肥料成分の1つ「窒素」で比べてみると
    有機肥料の牛糞の堆肥は窒素の比率が1%前後なのに対し、化学肥料では40%以上
    のものもあります。つまり、同じ成分を畑に入れようとすると、この堆肥の場合
    化学肥料の40倍の量を入れなければならないのです。

    さいのね畑では1作ごとに1反(約100屐砲△燭蠅烹横瑤曚匹梁枠遒鯑れています。
    軽トラックにあおりを立てて、堆肥を運んで、スコップでまくという方法をとっているの
    ですが、1回に運べる量も限界がありますし、2tを入れるのはどうしても半日作業に
    なります。


    ・・・と、前置きが長くなってしまいましたが、そんな中でのお助けマシンが
    この堆肥撒きマシン(マニアスプレッダー)です。
    スプレッダ

    今回、9tの堆肥をまいてもらったのですが
    なんと!ものの1時間ほどで撒き終わってしまいました。
    まいてます

    堆肥をマシンで撒いてもらうのは料金が上がるので、スコップで撒く方式との
    組み合わせにはなりますが、堆肥撒きマシン、想像以上に頼れるやつでした!
    0
      | かも たかみち | 研修 | 21:58 | comments(2) | - | - |
      ハウス強化策

      先日の大雪、さいのね畑では幸い損害はほぼありませんでしたが
      各地でハウスへの被害があったというニュースに、驚き、心が痛み
      同時に天災への備えの重要性をを改めて認識させられました。

      一宮町は、風が強い日が多いので、ひでのりさん指揮の元
      風の害に対して2つの対策をとりました。

      対策1:筋交い
      天井から直管をハウスのカーブに沿って斜めに地面に差しました。
      ハウスの縦(入口側⇔奥側)方向の風に対してつっぱることになるので
      風でのぐらつきが抑えられます。
      すじかい


      対策2:土杭
      90cm前後に切った直管を地面に埋めて、ハウスの一番下の直管に
      固定しました。ハウスが風で上に持ち上がるのを防止します。
      くい


      ハウスの倒壊は、そのものの被害額も大きいですが、中の作物の被害
      これから作ろうとしていたものが作られないという機会損失
      復旧するまでの労力・・・

      唐津も台風や風への対策が必要になってくるかと思いますので
      他の対処法も含めて検討し、しっかりしたハウスを建てたいと思います。
       
      0
        | かも たかみち | 研修 | 22:26 | comments(2) | - | - |
        とんねるズ


        ずらっとならんだ、プチハウスみたいなもの・・・
        トンネルです。
        植物が成長しづらい冬に、周りの温度を植物の快適な
        温度にまで上げてくれる救世主です。

        一宮に吹き付ける激しい海風にも耐え、野菜たちを
        あたたかく守ってくれています。

        あたたかな部屋の中、葉物、カブ、大根、ニンジン
        たちがのびのびと、元気に育ってくれています。

        どんどんどんどん、大きくなあれ。
         
        0
          | かも たかみち | 研修 | 22:01 | comments(2) | - | - |
          育苗ハウスづくり 完
          骨組みが完成した、育苗ハウス。残るは、ビニール張りとハウス換気のための
          巻き上げをつけるだけとなりました。

          ビニールを張る作業は、ひでのりさんと一緒に、さらに屋根張りはまいこさんも
          参加され三人で作業したので、大幅スピードUP!!
          らすまえ


          余分なビニールを切り、巻き上げ(ハウスの脇のビニール)をマイカ線
          (黒いビニールのひも)で固定し、ついに、ついに、ついに、ついに、、、

          かんせい

          完成です!!!

          少し、予定より時間がかかってしまいましたが、ハウスの作り方が自分の腕と頭に
          だいぶ染み込んだ気がします。

          はうすない
          そして、できたハウスの一角(右のほうです)で早速、春・夏の
          野菜苗づくりがはじまりました。

          この野菜たちが世に出るのを見届けることができないまま千葉を去るのは
          少々残念というか、さびしくはありますが、地元に戻ってからの野菜たちとの
          出会いを楽しみに、野良仕事に精を出します。

           
          0
            | かも たかみち | 研修 | 22:27 | comments(2) | - | - |
            育苗ハウスづくり
            ちょっと私事でバタバタしてしまい、だいぶ間が空いてしまいました。
            そちらの報告はまた後ほど。

            つまなし
            さて、ハウスづくりの進捗報告です。屋根の鉄骨部分ができ、強度を上げるために
            横に直管を、ビニールを取り付けるための平べったいビニペットという部品を
            取り付けました。また、一番下にも直管が入っているのですが、その直管は
            ハウスが沈んでいくのを防止する役目があります。
            ちょ

            そして、ハウスの奥と入口ができれば、ハウスの骨組みが完成です。
            だいぶ、それらしい外観に、だいぶ終わりが見えてきました。

            つまあり
            つづくつづく・・・
            0
              | かも たかみち | 研修 | 22:17 | comments(2) | - | - |
              育苗ハウスづくり
              春夏野菜の苗づくりのために、育苗ハウスの建設が始まっています。
              今回、研修の一環として私が主体でハウスづくりをさせてもらっています。

              まずは、建設予定地の計測から。最終的には、同じ敷地内に合わせて三棟建てる予定
              なので、そのあたりも計算に入れて一棟目の育苗ハウスを建てる位置を決定し
              大体の位置が決まったら、水糸を張り縦横の直角を4辺合わせます。
              ここでずれてしまっては、後々の作業に大きく影響してくるので何度も微調整しました。

              そくりょう

              計測が終わったら、上の写真にもあるドリル(オレンジ色のやつです)で等間隔に穴を空け
              ハウスのあばら骨になるアーチ支柱を入れていきます。ここでも、支柱の位置を調整しながら
              均等な深さ(今回は40cm)に差していきます。

              ほねぐみ

              現在は、ここまで。また進捗を随時報告していきます!
              0
                | かも たかみち | 研修 | 14:25 | comments(1) | - | - |
                茂木、最後の最後
                茂木での最後の作業を終えました。

                とりごや
                茂木での作業は、鶏小屋のかたづけです。
                ハウス系の片づけは、あまり前向きな作業ではないですが
                割とサクサク進むので、結構好きな作業です。

                とりごやあとち
                2人で半日ちょっとできれいさっぱり片付きました。

                しゅくはくとう
                茂木で間借りしていた部屋(通称宿泊棟)とも、お別れです。
                さいのね畑に手伝いに来てくれた人が、泊まることも多く
                酒を酌み交わし、農業への思い、夢を語ったりしたことも。

                さとやま
                茂木町−棚田が広がり、里山の風景が素晴らしく、畑で作業していると
                いろんな人が声をかけて応援してくれる。そんな暖かいまちでした。

                またね、茂木。
                0
                  | かも たかみち | 研修 | 23:36 | comments(0) | - | - |
                  仕事納め、出荷納め、茂木納め
                  栃木から千葉への移転のため、この年末まででさいのね畑(http://sainone.com)の野菜の出荷が
                  一時的に休止します。出荷の再開は4月から5月の予定です。私の研修は3月半ばまで。

                  つまり、私がさいのね畑で出荷に携われるのは今月までだったのです!

                  その、研修最後の出荷が先週末、無事に終わりました。

                  今年の3月に研修が始まって、最初の頃から、一部の野菜の収穫や洗いを任せていただき
                  慣れていく毎に少しづつ任せていただく割合が増えていきました。もちろん最終チェックは
                  やっていただいていましたが、最後には大部分を任せていただけるようになりました。

                  作っている野菜の種類の分、収穫のやり方があり、包装(パッキング)のやり方があります。
                  年間50〜60種類の野菜を口頭の説明や、やり方を見せてもらうだけでなく
                  実際に自分の作業としてやらせてもらったのは、とてもとてもとてもありがたかったです。

                  出荷作業の中で、一番驚いた、そして面白いと思ったのは、見た目で分からない畑での野菜の変化です。
                  収穫する前に品質のチェックのため、畑で野菜をかじるのですが
                  先週までみずみずしくジューシーなカブだったのが、今週はしっかりして味がぎゅっと濃くなっていたり
                  トマトなども酸味と甘みのバランスが収穫時期によって全然違ってきます。時に、品質の低下になる変化を
                  するので細心の注意をする必要がありますが、その変化を知ることができるのは、継続的に野菜を
                  食べている人間の特権というか楽しみかなと思います。

                  とにもかくにも、研修での出荷は終わりました。次は自分の畑での出荷です。
                  しっかり準備を整えて、来年の秋ごろには出荷できるようにしたいと考えています。
                  さいのね畑同様、野菜の変化をおいしく感じてもらえるように作り、お届けしたいと思っています。

                  2013年は、会社を辞め、農業研修をはじめ、独身を卒業し、引っ越しもあり、激動の1年だった気がします。
                  2014年は独立準備をさらに加速させていき、新規就農スタートさせますので
                  今まで同様、暖かく見守っていただければと思います!

                  それでは、みなさまよいお年を。

                  れい
                  最後に、お世話になった茂木の畑に、礼!
                  0
                    | かも たかみち | 研修 | 22:12 | comments(0) | - | - |
                    NOTカブ BUTラブ
                    いやー、寒いですね。今朝、寒いなと思っていたら、茂木−5℃まで下がったみたいです。

                    身が凍るような日々の中、先日畑でほっこりするものを見つけたので紹介します。

                    らでぃっしゅ
                    この、ラディッシュです。
                    あっと、この角度じゃ微妙でした!

                    はーと
                    じゃん!ハート型!
                    ラディッシュならぬ、LOVEディッシュ。
                    ・・・寒さに追い打ちをかけてしまったらすみません。

                    さらだ
                    PS.サラダにして、おいしくいただきました。
                    0
                      | かも たかみち | 研修 | 23:08 | comments(0) | - | - |
                      + CALENDER
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE