そらの農業日記

海と山の自然豊かな佐賀県唐津市で
無農薬、無化学肥料の野菜づくりをしています。
日々の気づき、畑の様子をつづります。
E-MAIL:info@sorano.jp.net
新居と引っ越し
遂に新居が完成しました。
土砂崩れにあって、半分潰れ、雨漏りもして、傾きだらけの家から
とうとう引っ越しできるようになりました。



鶏の話です。

 とりごや
これが、大晦日から新年1日、2日、ひでのりさん、まいこさんとトンテンカンテンやって
完成した力作の新居です!

 とりうんぱん

本日、天気は快晴で絶好の引っ越し日和。総勢72羽の大移動です。動いて怪我しないように
ケージの中はギュウギュウにしてあります。それにしても、窮屈そうですが・・・


茂木で朝7時から準備して、千葉に着いて、新居に出せたのは夕方5時。
鶏たちも狭いケージのなかで、十時間。移動中は暴れることもなく、大声で騒ぐこともなく
静かすぎて心配になるくらいおとなしく、荷台に乗っかっていてくれました。

ぐったりしているのでは?と、心配になりましたが、ケージを開けるやいなや
われ先にと、元気よく飛び出してくれました。飛び出して、すぐに水を飲みだしてくれたので
さらに安心。

とりみず

一羽も欠けることなく、全員無事に引っ越しを終えることができました!
本当に、よかったーーーー!!
0
    | かも たかみち | 研修(とり) | 22:37 | comments(0) | - | - |
    ベイビーラッシュ!
    とり
    とったどーーーー!(http://blog.sorano.jp.net/?eid=55)から、はや3ヶ月。

    実はあれ以降、卵数個しか生んでない期間が、 2ヶ月ほど続いていました。

    卵の数が足りず、出荷できない状態が続いて、やきもきしていたところ
    先月あたりから10個、20個と徐々に増えてきました。

    そして今、日に60個を超える日もあり、鶏小屋は空前のベイビーラッシュ!
    卵があふれ、毎日卵食べ放題の夢のような状態になっています!

    たまご

    コレステロールに気を付けつつ・・
    0
      | かも たかみち | 研修(とり) | 22:50 | comments(0) | - | - |
      廃鶏〜いただくということ〜
      どなどな
      先日、研修先のさいのね畑(http://www.sainone.com)で飼っていた鶏の廃鶏に立ち会いました。
      廃鶏とは、採卵用に飼っていた鶏で卵を産まなくなった鶏を解体することです。
      実は、今年来たひよことは別に、2〜3年前から飼っている鶏がいて、数か月前からまったく卵を産まなくなっていました。

      まいこさん(研修先師匠奥様)と一緒に鶏を捕まえ、ひでのりさん(研修先師匠旦那様)と一緒に
      軽トラで廃鶏をしてくれる業者のところまで行って、廃鶏の一部始終を見学させてもらいました。

      業者といっても、町のお肉屋さんで、その裏に解体場があるようなところです。

      そこでやっていた手順は、

      まず、鶏の首を絞め、熱湯につけて汚れをとり、家庭用の洗濯機を縦横2倍にしたような機械に鶏を入れて羽をとります。
      機械で取れなかった羽や汚れを手作業で落とし、最後に各部位(骨、手羽、もも、胸、内臓など)に解体します。

      完全分業制で3〜4人の方が手際よく作業され、25羽の廃鶏が1時間足らずで終わりました。


      鶏が殺され、解体されて、鶏肉になる。
      もちろん、頭で分かっていましたし、特にそのことに疑問を感じたことはありませんでした。
      ただ、やはり毎日餌をあげていた鶏が、解体されて、肉になるというところを目の当たりにして
      少し心にひっかかるものがありました。

      今回の鶏に限らず、牛や豚などの食肉用に飼われている家畜は人間が食べるために飼っている訳だから
      解体し、肉を食べて当然。ということは、すごくもっともです。
      一方で、人やペットは殺してはいけないけれど、他は殺してもいいのか、命を大事にすべきではないのか。
      という思いで、肉や魚を食べないという考え方もあります。

      廃鶏の作業を通して、その2つの考えの間で思いがぐるぐるめぐってきました。

      が、正直よく分かりません。一方的にどちらが良い悪い、正しい間違っているということは
      ないのかなとは思います。

      私は、肉も魚も(野菜も米も)食べて生きてきました。
      これからも多分、そうして生きていくと思います。

      ただ、きちんと命をいただいているという意識をもって食べる、決して粗末にしない。
      これだけは、忘れずにいます。

      追伸:廃鶏の肉をいただきました。老鶏なので、肉は固かったですが、噛むほどに味がでて
         その鶏のことを思い出しながら、ゆっくり、おいしく食しました。
      0
        | かも たかみち | 研修(とり) | 17:16 | comments(0) | - | - |
        とったどーーーー!
        ついに


        ついについに!

        たまご?
        ついについについにーーー!
        (しつこいですね・・すみません・・)

        たまご!
        産みました!


        初めての卵を産むのに、ケージ飼いだと4〜6ヶ月、平飼い(この鶏たちは平飼いです)だと6ヶ月〜7ヶ月かかるといわれています。この鶏は5ヶ月弱、146日齢での初卵は想像していたよりもだいぶ早いです!

        これから、他の鶏たちもどんどん産みだすと思いますので、鶏小屋に行くのがさらに楽しみになりました。

        研修先ご夫妻のご好意により、初卵いただきました!
        そして、おいしくいただきました。

        ごはん
        ごちそうさまでした〜
        0
          | かも たかみち | 研修(とり) | 23:25 | comments(0) | - | - |
          こんなに大きくなりました!
          ひよこがやってきて70日とちょっと、二ヶ月以上が過ぎました。
          早くて150日くらいで卵を産み始めるので、そこからが大人だとすると、ちょうど大人と子供の間、人間で言うと10歳くらいでしょうか。
          とり
          そんな、彼女たちは今こんな感じです。
          からだは最初は握りこぶしくらいの大きさだったのが、今や公園にいるハトの倍近い大きさになりました。

          ずっきーに
          最初、野菜は柔らかいものしか食べなかったのですが、つっつく楽しさを覚えたようで、最近ではズッキーニが大のお気に入りです。

          そして何より、めちゃくちゃ元気です!ご飯をあげに鶏小屋に近づくと全員寄ってきます。ドア開けたら飛びかかってきます。

          すごくなついてくれていると錯覚してしまうほどですが、
          ご飯をあげると一心不乱に食べて、見向きもしてくれなくなるので、そういうことか、とちょっと寂しくなります(笑)
          なにはともあれ、各所に成長した姿が見れて給仕係としてはうれしい限りです。
          0
            | かも たかみち | 研修(とり) | 19:59 | comments(0) | - | - |
            デビュー
            いままで小さなところで押し合いへしあいしていた娘たちが、ついに大きな舞台へデビューしました!

            ひよこ
            ビフォー

            こや
            アフター
            大地に足をつけ、太陽の光を浴び、生き生きと動き回っています。

            あっぷ
            アップだとこんな感じです。草も生い茂っているので、ジャングルの中を探検しているような感覚なのかもしれませんね。
            0
              | かも たかみち | 研修(とり) | 15:36 | comments(0) | - | - |
              続 ひよこ
              ひよこたちがやってきて、半月以上が経ちました。
              今どんな感じかといいますと、
              ひよこ
              からだもは来たときの倍くらいの大きさになり、羽にはおとなとおなじような白っぽいものがまじってきました。

              なにより、箱から羽ばたいて出ちゃうひよこもいるくらい、みんなすっごく元気です!これからも、すくすく育ちますように!
              0
                | かも たかみち | 研修(とり) | 17:15 | comments(0) | - | - |
                完成!!
                ついに、完成しました!
                (参照:建築中・・・

                あみ
                風通し抜群の壁 外からの侵入者を防ぐ鉄壁の金網
                合板
                さらに、下からの侵入もシャットアウトする合板
                とびら
                落ち着きのある木の扉
                全体図
                じゃじゃーーん!そうです!それです!



                あ、これだけじゃ分からないですよね。 新しい鶏小屋なのです。
                止まり木
                ちなみに、中には鳥たちのベッドルームの止まり木も完備しております。 ひよこちゃんたちが成長して、この小屋に迎えられる日が待ち遠しいです。
                0
                  | かも たかみち | 研修(とり) | 19:30 | comments(0) | - | - |
                  ピイピイピイ
                  ひよこがやってきました!

                  にぎやかなピイピイの鳴き声とともに。

                  育すうき
                  よたよた歩くすがたがたまらなくかわいいです。
                  と、ここで気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが 前の日記でやっていた日曜大工は、このひよこの家づくり だったのです。
                  (参照:日曜大工
                  ひよこ
                  いっぱい食べてはやく大きくなあれ♪
                  (もう少しこのかわいい姿を見たい気もしますが・・)
                  0
                    | かも たかみち | 研修(とり) | 06:09 | comments(0) | - | - |
                    + CALENDER
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << October 2017 >>
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT COMMENTS
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE